税務相談について

当事務所では、税金にまつわる相談を承っています。

事業を経営していらっしゃる方であれば、法人設立法人・個人の決算・確定申告、さらには融資のご相談などを承っています。

事業を経営していない方でも、副業、株・FX・仮想通貨、不動産の譲渡などの「ちょっとした収入」があった方、資産をお持ちの方からの相続や贈与についてのご相談などを承っています。

実際にご相談にいらっしゃった方にお話をお伺いすると、皆さまいろいろ考えて悩んで調べて、そしてさらにどうしようかと悩んでからやっとご相談にいらっしゃるようなんです。

その間、「税金に詳しい」ご友人やお知り合いにお話をされたり、ご自身でインターネットを使って調べてみたりされているようなのですが、なかなか答えが得られず悩ましい時間を過ごされているとのこと。

多くの場合、起業の準備、税金の計算、融資、相続等の相談は「できる限り早めに」していただいた方が、よりよい結果を得やすいと思っています。

なぜなら、結果に向けて十分な準備をすればするほど成功の確率が上がる、、、、という当然の理屈と併せて、税金の計算は「期限」があるものだということがその理由です。

ですから、疑問について調べ疲れて「また今度でいいか」となる前にお声かけ頂ければ、と思っています。

専門家に相談する際のハードル

税金や事業について疑問や興味をもって調べるくらいの方が、なぜ相談までに時間をかけてしまうのか、、、おそらくいろいろな不安があるのだと思います。

「お金がかかりそう」「馬鹿だと思われそう」「何を持って行ったらいいかわからない」「話を聞いてくれるかどうかわからない」「ハズレの専門家に当たってしまうかも」「契約するまで帰っちゃダメとか言われそう」などなど。

実はこういった不安は私にもあります。税理士は税金(税法)の専門家ではありますが、一般的な法律の専門家ではありませんし、登記について詳しいわけでもありません。そのような案件については「弁護士」や「司法書士」の先生方にご相談する機会が生じます。その際にはやはり同じように不安になってしまうこともある、ということです。

実際にその専門家の先生方とお会いして感じることは、「もっと早くご相談しておけばよかった」ということです。

解消すべき課題が見えている場合には、ピンポイントでお答えいただけますし、課題が見えていない場合には一つ一つ確認してもらいながら課題を見つけるところから手伝ってもらえます。

その時の安心感やよくわからなくてただ漠然と不安だったことが霧が晴れたようにクリアになっていく感じは、さすがだなぁと感じます。

当事務所も少しづつではありますが、ご相談でご来所されるお客様が増えてきております。

当事務所にいらっしゃるお客様にも同じように感じていただけるようにとの思いで日々取り組んで行きたいと思っています。

2回目までの相談を無料としているワケ

当事務所では、2回目までの相談を無料とさせていただいております。

「初回面談無料」としたところで、ほとんどのお客様の場合は「初回」だけでは終わりません。そもそも、相談にいらっしゃるということは、何らかの疑問や解決したい課題をお持ちで、それらについての答えが欲しいと考えていらっしゃるはずです。

そうすると、こちらとしてもある程度正確な「解答」「回答」が出来なければなりません。そのためには準備(事実を確認したり、条文や過去の事例を調べたり、シミュレート結果を比較検討したり)が必要です。

1回の相談だけですと、資料や情報が不足することが多く、事実の確認が難しかったり、数字で比較したりすることもできません。そうなると当然のことながら私達がそこで出す回答や結論もかなり苦しいものになります(仮定の条件を沢山つけなければならなかったりします)。疑問や質問に対する「答え」が欲しくて相談にいらっしゃっているのに、なんだかはっきりしない答えしか提供できないのではご相談される方にとっても残念でしょうし、私たちにしてみても全く本意ではありません。資料や情報を集めて頂いたり、その資料や情報を使ってシミュレートをしたり、すべては「答え」を出すために必要な作業なのですが、そのために1回目から少し時間を空けてお会いする機会、、、つまり2回目が必要になるわけです。

もう一つの理由は、私たちの仕事の根底には「お客様との信頼関係」がなければならない、ということです。

初対面の「初めまして」でいきなり信頼関係が出来上がるなんてことはありませんよね。

お客様が私たちに話をしたときに感じる印象だったり、私たちが話す内容であったり、もしかしたら見た目や声のトーン、話すスピードなども関係しているのかもしれませんが、そうやって時間と話題を共有しながら関係性が作られていくはずです。相談を受ける立場の私達からしてみても、信頼をしていただけているという実感のもとで仕事をさせていただくのは本当にやりがいを感じることができます。時間を掛ければそれだけで信頼関係ができる、、、なんて甘い考えでいるわけではありませんが、ある程度の信頼関係を構築するのに1回しか機会がないのはさすがに難しいという気がします。

だからこそ2回目が必要だ、というわけです。

 

まとめると、、、「2回目まで相談料無料」としているワケとは、「ちゃんとした『答え』を提供したいという思い、信頼関係を気づきたいという思いを形にしたもの」、ちょっとカッコよく言うとこんな感じです。

相談をうける時に心がけていること

すでに書きましたが、起業の準備、税金計算、融資、相続などの相談は、できるだけ早いほうが良い結果につながります。それは、十分な準備期間を使ってしっかりと準備できるからだと書きました。しかし、これは相談で提示された回答をしっかりと理解できて行動(準備)に移せるということが当然の前提になっています。

それゆえ、私は以下の2点について、心がけながらご相談を受けております。

一つ目は、まずお客様に回答の内容を理解していただくことです。専門的知識が全くない方にお話しするわけですから、言葉を上手に選ばねばなりません。専門用語を言い換える際の工夫や手間を惜しんではいけません。言葉選びをさぼらない、説明を端折らない、理解できているかどうかをうかがいながらペースを作っていくなどなど相手に理解していただくための行動はとても難しいことです。話す内容をちゃんと理解してもらえるようにお話しすること、その際の工夫を惜しまないことが「あるべき姿」だと思っています。

二つ目は、「何をやればよいか」が明確になっていることです。抽象的には納得できる話だったけど、具体的にどうすればよいかがわからない・・・では、相談する意味がありません。回答の中に具体的な形で「何をやればよいのか」がしっかりと含まれていること、これも「あるべき姿」だと考えています。思い付きであったり、言いっぱなしであったりは、その場その場の雰囲気づくりには大きな役割を果たすことがあります。ただ、そういう言葉はお客様の望む結果にはつながりません。同じく、長期的に考えたときの信頼関係にもつながらないでしょう。相談が終わって自宅(自社)に戻られてすぐに「よし、これをやればいいんだな」と思ってもらえるようなお話をしてきたいと考えています。

まとめ

こんな風に書いてみても、相談にいらっしゃるまでのハードルは下がりにくいのかもしれません。電話が面倒であったり実際にここまで足を延ばすことがおっくうであったり、その気持ちはよくわかります。

ただ、時間の経過が状況を不利にしていってるかもしれない、、、わけですからね、メールでも結構ですし当サイトのお問い合わせページからでも結構です、一度ご相談に来ていただけるといいなと思っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です