fukatax通信 第18号を発送いたしました。

税務ニュースレター第18号

基礎控除等の見直し ポイント解説

今回のfukatax通信では、令和2年分から大きく改正された基礎控除等の見直しについて取り上げ、1/30(木)に顧問先の皆さまへ発送させていただきました。

昨今の多様化する働き方に沿う目的で行われた改正ですが、その中には高所得者に対して増税となる項目も含まれています。

1.給与所得控除の引下げ
2.公的年金等控除の引下げ
3.基礎控除の引上げ
4.所得金額調整控除の創設

これらの改正点を出来るだけ簡潔にまとめてご案内いたしました。

 

また、≪コラム≫では、消費税率が変わった後の記帳の注意点を改めてご案内させていただきました。

一番注意していただきたい点は、昨年10月以降の記帳ではレシートの「合計額」ではなく「軽減税率8%」と「10%」の区分をしっかり確認いただき、1枚のレシートでも2つの税率がある場合は別々に2行で記帳していただく必要がある、という点です。

 

次回は2月末頃を予定しております。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です