新型コロナウイルス関連情報

2020年3月11日厚生労働省発表

新型コロナウイルス関連情報

数日前より報道されていた「休業等に対する補償」等について、詳細が少しづつ見えてきていましたが、本日、厚生労働省より各支援策の現段階での決定事項が正式に公表されました。

まだ申請の具体的な手続き方法など、公表に至っていない部分もありますが、対象となる方、範囲などが示されています。

下記に添付するPDFは、すべて厚生労働省作成のリーフレットです。

 

フリーランス向け生活支援

臨時休校となった小学校等、放課後児童クラブ、幼稚園・保育園・認定こども園などに通う子供の保護者で委託契約等に対して報酬を受けている者へ、就業できなかった日に対しての助成金です。(一日当たり定額4,100円)

フリーランス向け生活支援(3.11発表)PDF

 

⇒3/18、申請受付が開始されました。
下記の厚生労働省のHPにある申請用紙に必要事項を記入し、提出します。

【提出先】
千葉・東京・茨城・埼玉・栃木・群馬・神奈川にお住まいの方
〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-2-6F 662執務室

【コールセンター】
0120-60-3999(9:00~21:00)※土日祝日含む

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10231.html

 

生活福祉資金貸付制度の特例貸付の実施

個人向けの緊急小口資金(10万円以内)の貸付制度です。

生活福祉資金貸付制度の特例貸付の実施(3.11発表)PDF

【相談窓口】
最寄りの社会福祉協議会へお問い合わせください。

 

事業主向け支援

簡素に下記にまとめましたが、詳細は厚生労働省作成のリーフレット(ページ下のPDF)をご覧ください。

1.新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金(創設)

臨時休校となった小学校等、放課後児童クラブ、幼稚園・保育園・認定こども園などに通う子供の保護者である労働者の休職に伴い、年次有給休暇とは別に有給の休暇を取得させた事業主に対する助成金です。(一日当たり上限8,330円)

 

⇒3/18、申請受付が開始されました。
下記の厚生労働省のHPにある申請用紙に必要事項を記入し、提出します。

【提出先】
千葉・東京・茨城・埼玉・栃木・群馬・神奈川にお住まいの方
〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-2-6F 662執務室

【コールセンター】
0120-60-3999(9:00~21:00)※土日祝日含む

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金(労働者を雇用する事業主の方向け)」

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金(労働者を雇用する事業者の方向け)PDF

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07_00002.html

 

2.雇用調整助成金の特例措置の拡大

先日のfukatax通信19号(記事はこちら)で記載した助成金です。

 

3.時間外労働等改善助成金(2コース)の特例

新型コロナウイルスの対策として、テレワークの新規導入や特別休暇の規定整備を行った中小企業事業主を助成するための、要件を簡素化した特例です。

 テレワークコース

テレワークを新規で導入する際の、設備や環境整備に係る費用の助成です。
注:パソコン、タブレット端末などの機器は対象になりません。

 職場意識改善特例コース

休暇の取得促進に向けた環境整備に係る費用の助成です。
就業規則の作成、変更などが該当します。

事業主向けリーフレット(3. 11発表)PDF

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です