創業時の資金調達について知りたい方はこちら

創業融資について考えてみてほしいこと

起業する際に事業資金が足りない。

起業後のスピードアップを図りたい。

リスクを最小限にしながら、起業したい。

創業融資を希望されるお客様の「借りたい理由」は様々です。

 

では、お金を貸す側の理由は?といえば、「様々」ではないように思います。

事業としてお金を貸すということは、「利息」という利益を上げるために貸すわけですし、貸すかどうかは「返せると判断できるかどうか?」に尽きる、と言ってもよいでしょう。

ではどうすれば「返せると判断」してもらえるのか?

この問いに即答できれる方であれば、自力で金融機関と交渉し、融資実行という結果を勝ち取ることができるでしょう。

 

ただ、創業融資とは、読んで字のごとく「創業」間もない事業者が受けられる融資なのですから実績も経験も持たない人を対象としています。つまり「これだけの売上を上げて、これだけの利益を残してきているから、返済できるよね」という交渉はできないということなんです。

果たして、どのような準備をすれば「この人は返済できる(だろう)」と判断してもらえるのでしょうか?

 

 

また、融資がうまくいくということは、大きな大きな借金を背負うことになるわけです。

このリスクを無視するわけにはいきません。できるだけリスクは小さく、でも融資の条件(返済期限・金利)は良くしたいという思いは当然だと思います。

その為には、融資の種類、条件、難易度などをしっかりと把握しておく必要があります。

 

私たちにはこれらの知識・経験・ノウハウがあります。しっかりとした準備さえできれば、融資がうまくいくことも知っています。ただし、融資だけうまくいってもそれはスタート地点を少しだけ有利なポジションにできたに過ぎないですし、スタート後こそが重要なことも知っています。

それゆえ、準備が足りないと判断した場合には、「『今は』借りないほうが良い」とはっきり申し上げます。

そして、融資の成功とは、その後の事業の成功にほかなりません。そのためには何よりも準備が重要です。

本気で事業を成功させたいという思いは、本気で準備をしてきた・準備をしていくという事実で証明されます。

 

私たちは、本気で事業を成功させたいという思いを持った事業者様にしっかりとした知識・経験・ノウハウで

融資を実行していただけるようサポートしてまいります。

これから本気で事業を成功させたい方、是非一度お話しをお聞かせください。

 

 

 

 

 

 

サービスのご案内

お気軽にお問い合わせください。047-405-2044受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問合せはこちらから