MENU

はじめまして

弊所ホームページにお越しいただき、
ありがとうございます。

私たち深谷税務会計事務所は、「お客様を大切に」をモットーに日々取り組んでいます。

仕事のこともそれ以外のことも何でも話せる
小さな悩みから大きな問題まで、解決までとことん向き合う
税務や財務はもちろん、お客様にとっての経営・仕事とは何かを一番に考えご提案する

そんなパートナーとして、お手伝いをさせていただきます。

心配なこと、気になることがございましたら、
お気軽に弊所へご相談ください。

緑のある落ち着いた完全個室で、ゆっくりとお話をお伺い致します。

 

ご要望に合った内容をご選択ください

 

日々の会計業務について

当事務所は「弥生会計」の弥生PAP(プロフェッショナルアドバイザープログラム)会員です。
弥生会計をご利用のお客様に対応しております。
これから弥生会計の利用を始められるお客様には、紹介制度により会員価格にて導入していただけます。

 

ビジネスチャットでより効率的に

より気軽に質問が出来る、
より手軽に資料の確認ができる、
無料で使えるビジネスチャットツール
【chatwork】を導入しています。

【chatwork】は、日本企業であるchatwork株式会社が提供するサービスです。

 

その他のご案内

 

「認定経営革新等支援機関」です

経営革新等支援機関とは、専門的知識を有し一定の実務経験を持つ税理士・公認会計士・弁護士などを国が審査し認定した者で、中小企業・小規模事業者の経営課題に一緒に向き合い事業計画の作成や実行をサポートする機関です。

 

2021年 第56回 全国税経新人会 和歌山全国税経新人会(オンライン開催)

2020年9月の全国研究集会が、新型コロナウイルスの影響により中止となり、2021年に延期となりました。2021年についてもその影響が続き、対面とオンラインの併用など直前まで議論されましたが、感染拡大が続いていたため、最終的にオンラインのみによる開催となりました(2021年9月17日開催)。

今回のテーマは、貸倒損失でした。

全体としては、基本類型である9-6-1~3や子会社等への支援損である9-4-1~2の部分、それらを含めた裁判実務に関する研究発表でした。

私のパートは、9-6-1(法律上の貸倒れ)と9-6-2(事実上の貸倒れ)でしたが、条文、通達、裁判例をもとにその適用についての判断基準を研究いたしました。

普段は貸倒損失の適用については9-6-3(形式基準による貸倒れ)を利用することが圧倒的に多いのですが、裁判例を読めば読むほど、法律上の手続きを経ずに、売掛金等の債権が回収不能であるということを証明するには、かなりの準備が必要ということが分かりました。

アクセス

【JR東船橋駅 北口より徒歩3分】

【新京成バス 東船橋駅入口バス停より徒歩3分】

【お車でお越しのお客様】
NaviPark様のサービスコインをお渡ししております

詳しくはこちらから

事務所所在地:千葉県船橋市東船橋3-33-3-2F

大きな地図で見る