fukatax通信 第21号を発送いたしました。

税務ニュースレター第21号

新型コロナウイルスによる影響を受けている顧問先様へ

新型コロナウイルス感染症により事業に影響を受けている顧問先の皆さまへ、弊所として次のような対応をとることといたしましたのでご案内をさせていただきました。

税理士報酬のご返金について

2020年2月~10月(※状況により変動いたします。)までの任意の連続した3カ月間合計の収入が、前年同期間に比べ減少となった顧問先様について、税理士報酬のうち月額顧問料の一部をご返金させていただきます。

4割以上減となった顧問先様 …
月額顧問料×20%×3ヶ月分をご返金

7割以上減となった顧問先様 …
月額顧問料×50%×3ヶ月分をご返金

・この度の対応につきましては、月々の顧問料が毎月お引落しとなる税務顧問契約を締結いただいている顧問先様に限定して対応させていただきます。年2回(決算時・年末調整時)のご請求の顧問先様につきましては、個別に対応させていただきます。何卒、ご了承ください。

・月次試算表作成の際に、収入の確認と返金のお手続きをさせていただきます。

その他、税務上の取り扱いについて

新型コロナウイルスの影響による業績悪化に伴う役員報酬減額について、また、申告期限の個別延長について、ご案内させていただきました。

 

また、各省庁、都県、市がそれぞれ独自の支援策等を発表しております。弊所では随時最新情報を必要な顧問先様へ提供させていただいております。

 

新型コロナウイルスの早期終息と、皆さまの安心・安全が少しでも確保されることを、心よりお祈りしております。

 

次回は5月末頃を予定しております。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です