全てはお客様を大切にするために

弊所では、お客様を大切にすることを第一に掲げています。

そして、そのために以下のことを実践しています。

 

工数管理を徹底し、価格を最大限抑えています

開業当初より、スタッフの、どのような作業に・どのくらい時間がかかっているか、という工数管理を徹底しております。

工数管理を価格設定に反映させることにより、お客様には無駄な料金をお支払頂くことのないように、また事務所経営においても無理な価格設定にはせず、最大限抑えた価格設定を実現しております。

また、料金表はございますが、あくまで目安で、年商に対して作業量の少ないお客様にはそれぞれ個別にお値引きさせて頂くなど、柔軟な料金設定をさせて頂いております。

しかしながら、インターネットで検索して頂ければお分かりになるように、地域最安値は目指しておりません。価格競争に参加しますと、仕事は増えますが、人手を増やすことが出来なくなり、その結果、確実にサービスの質が落ちるからです。

経営者のみで仕事をこなし、時間さえ使えれば、ある程度の価格競争は可能ですが、価格競争に参加しないのは、お客様のことを本気で考え、スタッフのことを本気で考え、経営のことを本気で考えた結果です。

 

 

お打合せ内容の報告書をお送りしています

私たちはお客様の時間を大切にしています。

そのため、ご面談でお話しした内容を記録し、その都度報告書をお客様にお送りしています。

ご面談内容を再確認して頂き、より記憶に残るよう努めています。

また、一人一人の記憶ではなく、しっかりと記録をしておくことで、スタッフ全員がお客様の細かい経緯いつでも把握出来るように努めています。

 

 

お客様とのコミュニケーションを大切にしています

経営において、選択の場面は数多くあります。

その判断のお手伝いをするためには、まずお客様がどのような方向に向かいたいのかを正確に理解する必要があります。

それを理解した上で必要な情報を提供する必要があります。

 

そのため、弊所では、お客様とのコミュニケーションを大切にしています。

一般的にはこうだとか、他の人はこうしているだとか、自分の外にある情報は一旦置いておいて、まずはお客様ご本人がどのように考え、どのようにされたいのか、ということを大切にします。

 

 

とにかく分かりやすくご説明しています

どの業界でもそうですが、職場では専門用語を使って会話をすることが通常だと思います。しかしながら、会話の中で分からない専門用語が出てきた途端に、話の全体が分からなくなってしまうことは良くあります。

特に、会計業界では簿記税務法律の知識と様々な専門的な知識が必要となります。

経営においては、資金繰りの観点や、節税のための前もっての判断が必要となりますので、会計税務経営の情報についてとにかく分かりやすくお伝えすることを心掛けています。

 

これらは、スタッフに対しても同様です。

お客様にご説明するには、完全に理解していなければなりません。ですので、スタッフ全員に対しては理解するまでとことん説明を致します。そして、ミーティングの場で全体に周知する、ということを繰り返しています。

 

ツールを活用し、スケジュール管理を徹底しています

お電話で、メールで、SNSで、と手段は様々あり、場面に応じて最適な手段は異なりますが、やはり直接お会いしてお話しするのが一番伝わります

そのため、お客様とのご面談を大切に考え、スケジュール管理を徹底し、少なくともご面談月の前月にはスケジュール調整を行っています。

 

 

必要書類・お預かりリストを作成しています

毎月お預かりさせて頂く資料や決算時にお預かりさせて頂く資料について、どのような書類が必要で、どこまでお預かりしているかが分かるようにリストを作成し、お渡しさせて頂いております。

また、同じものを弊所でも保管し管理しております。

 

これにより、お客様・弊所双方の時間の無駄を無くし、スムーズな資料のやり取りが出来るように取組んでおります。

 

 

スタッフを大切にしています

お客様と直接お会いするのは、弊所スタッフ全員です。

直接お電話で、メールで、SNSで、色々な場面で私たちはお客様と接します。

私たちがお客様と接するいかなる時も、私たちはお客様の満足を最優先致します。

 

そのため、弊所のスタッフが最高のパフォーマンスを発揮出来るよう、職場環境の整備に取り組んでいます。

トップダウンではなく、スタッフから意見を言える、自発的で風通しの良い職場となるよう日々のコミュニケーションを大切にしています。

 

 

月2回の所内研修を行っています

税の専門家として、お客様からのご質問にスタッフ全員が回答出来るように取り組んでいます。

スタッフからの疑問点にはその都度徹底的に答え、月二回のミーティングで全体に周知するなど、スタッフ教育を大切にしています。

 

そして、私たちのお客様は経営者の方々であることをしっかりと念頭に置き、経営者の視点を持つことが出来るよう、日々その考え方を伝えています。

 

 

隔月での個別面談を実施しています

経営者と従業員の間には、短期的に利害関係が一致しない部分やお互いの理解が図れず、衝突が生まれやすいものです。

また、経営者への思い作業の中での問題点、スタッフ内での考えの相違など、日々何事もなく業務をこなして頂いていると思っていても、その問題が一見小さければ小さいほど表には見えづらく、表面化したときは大きな問題となることもあります。

そして、経営者としては、どれだけこのように考えて欲しいと思っていたとしても、日々の中では伝わらない部分もあります。

 

そのため、個々のスタッフの思いをしっかりと聞き取り、問題があれば解決の方向性を示すこと、評価出来る部分について素直に評価をすること、弊所の考え方の共有を図ること、これらを目的に、隔月で個別面談を実施しています。