事務所概要 
事務所名深谷税務会計事務所
(税理士会登録名称:深谷悠税理士事務所)
開業平成29(2017)年10月
所在地千葉県船橋市東船橋3-33-3 2F
【アクセス】
営業時間平日 9:00~18:00
夜間・土・日・祝日 ご予約承ります。
【お問合せ】
従業員数5名
TEL
FAX
047-405-2044
047-405-2045
E-mail
URL
info@fukatax.com
fukatax.com

ご挨拶

こんにちは。

当事務所の代表を務めております、深谷悠と申します。

 

当事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

税理士をお探しの皆様へ、私たちについて少しお話させていただきます。

 

当事務所は、お客様を大切に考えお客様への感謝を第一に考える事務所です。

いかにして「お客様を大切に」するか、ということを追求しております。

 

お客様からのご質問に対し「法律上これは無理です。」とだけお伝えすることは簡単です。

ですが、お客様がご質問をされるのは、お客様の要望が何らかあるからです。

そのお客様の要望を丁寧なヒアリングによって引き出すことが大事と考えています。

 

 

また、仕事が出来ることそのものに感謝をし、日々取り組んでいます。

初心忘るべからずと言います。

独立して初めて直接お客様から報酬を頂戴し、それによって自分達の生活が成り立っていると実感したときに、

信じ難いような有難さ責任感を感じることが出来ました。

この感覚は忘れてはならないものだ、そしてそれはともに働く仲間と共有すべきものだと考えています。

 

そして、私たちはお客様を大切にするとともに、一緒に働く仲間も大切にします。

一緒に働く仲間を得て、日々、細かいこと一つ一つの助け合い支えあいで仕事が成り立っていることを強く実感しています。

また、皆がやがてはお客様のもとでしっかりとアドバイスが出来るようにならなければなりません。

働く一人ひとりが自身で創意工夫し意見を交わし互いを尊重しあえる場所であること、また、しっかりとしたルール作り教育をしていくことが、お客様を大切にすることに直接つながると考えます。

 

ここまでお話させていただいたように、私たちは税理士業はサービス業と考え、どのようにすればお客様に満足して頂けるのかと、日々創意工夫を心がけています。

ときに対応を間違えることもあるかもしれません。しかし、失敗は成功の母です。

その間違いもただの間違いで終わらせるのではなく、しっかりとフォローをし、確実に次に繋げるために話し合います。

 

更に、当事務所は時代の波を捉え、時代に合ったご提案をし続けていきます。

そのために、税理士会だけではなく、他の税理士等の団体にも所属し、日々勉強をしています。

システムについても、過去IT業界で働いた経験を活かして新しいものをまずは使ってみるといった姿勢で取り入れて行きます。

 

まだまだ若い事務所ではありますが、「お願いしてよかった」と感じていただけるようお客様と真剣に向き合うことには自信があります。

是非、一度お話をお聞かせください。

 

代表税理士紹介

 

名前

深谷 悠(ふかや ゆう)

 

税理士登録

平成25年(2013年)

 

合格科目

簿記論(H19)、財務諸表論(H19)、消費税法(H19)、法人税法(H22)、相続税法(H25)、

当初3科目は1年勉強に専念して合格、その後、勤務しながら法人税法と相続税法に合格しました。

 

その他の保有資格

ソフトウエア開発技術者(旧第一種情報処理技術者)

大学の専攻は法学部でしたが、あまり面白いと感じず、当時ようやく普及し始めたインターネットのおかげでパソコンに興味を持ち、IT業界に就職しましたが、分からないことが多かったため、入社し半年で旧第二種情報処理技術者、その後半年で旧第一種情報処理技術者試験に合格しました。しかしながら、情報処理の資格は独占業務ではないため、それを持っていて何かが出来るというわけでもなく、また、体力的にも徐々に厳しくなっていくことは目に見えていたため、いずれにしても勉強をするのであれば独占資格をと考え、簿記を勉強しながら会計業界に転職しました。

 

年齢

41歳(2019年6月現在)

不惑の年ですね。39歳で独立し、現在は勉強ばかりですが、ようやく方向性が定まってきました。

 

出身地

福島市

福島で生まれ→直後埼玉に→その直後新潟に。

育ちは新潟市です(緑ヶ丘幼稚園、東山の下小学校、藤見中学校、新潟高等学校)。

 

最終学歴

東北大学法学部(2001年卒)

新潟市の冬の天候は、とてもどんよりとしていて曇・雪・雨が交互に来る感じでした。そのため、とにかく太平洋側に行きたかったことと、スキーはしていたかったという一心で、仙台に行きました。大学受験の直前の天気予報で、「明日は西高東低の冬型の気圧配置で・・」と聞こえてきた瞬間に、あぁまた天気悪いのか、と思いきや「良く晴れるでしょう」と続き、非常に驚いた記憶があります。

 

趣味

F1、車、スキー、カラオケ

車関係は大学のころに興味を持ち始めました。始めは兄の影響でWRC(世界ラリー選手権)を見ており、丁度スバルがコンストラクターズ(メーカー)チャンピオン3連覇を成し遂げたのが大学の頃でした。後にインプレッサ(GC8 STi)を購入したのはこの時の影響です。

その後は暫く見ていませんでしたが、2009年にCSを見られる環境にあったので、何となく見始めたF1は今でも毎試合チェックしています。

今は、勤務時代にフルローンで購入した初期のGT-R(R35)に乗っています。(まだローンは残っています。。)

いつになるかは分かりませんが、いつかはマセラティにと憧れています。

 

スキーは新潟でしたので小さいころから父に連れられて行っていました。

高校の時に授業で教わったときに、とても分かりやすくそれから随分と楽しくなり、大学の時には一人でレンタカーを借りて行くほどでした。仙台は宮城蔵王のえぼしスキー場が近く、午前中にスキーに行き、帰ってきて午後はボウリングに行けるくらいでした。ただ、今となってはシーズンが仕事の繁忙期のピークですし、そもそも山までが遠いのでだいぶ行けてはいないです。ですが、気持ちはいつでも行きたいです。

 

カラオケは、昔はオアシスばかり聞いていたのでオアシスばかり歌っていましたが、最近は米津玄師などを歌っています。

 

座右の銘

下問を恥じず

「敏にして学を好み、下問を恥じず、是を以てこれを文と謂うなり」

孔子が衛の国の貴族である孔文子について語ったときの言葉なのですが、この言葉を知ったのは高校の漢文の授業で、この「下問を恥じず」という部分についてその謙虚さがとても印象深く残っており、好きな言葉となりました。